こんにちは!またまたネジ男爵です。
今日は建物の設計コンセプトを紹介しようと思います。

この建物は「人と人との繋がりを大切に出来る開かれた空間」が基本コンセプトになっています。
そこに、いつでも木材を身近に感じられること、木造建築の特長を上手く表現できること、という要素が足されています。

その結果、
軽やかな屋根と大きな窓による、明るく開放的な執務スペース
CLTを使った木材のぞんざい間
繊細な木材が連続することによるのびやかな空間
直線材の組み合わせによる屋根の局面
といったものが形になりました。

内観パース_A.jpg


内観パース_B.jpg

外観パース_C.jpg


ネジ男爵
2017/12/20 17:14  カテゴリー:シネジック新社屋建設