こんにちは!ネジータです!!

前回に続きCLTモデル施設「建築学専攻セミナールーム」の現場見学に行ってきました。
実際にビスがどのように使用されているのかを紹介したいと思います!

CLTモデル施設構造イラスト_2.jpg
このように1階のCLTパネルとLVLの格子梁の上にLVLのリング床を敷き、ビスで接合することで必要な水平剛性を確保します。

シネジック社内で要素試験を実施、1本あたりの耐力を確認して現場でのビスのピッチや必要本数を決めました。
試験@_70.jpg

試験A_70.jpg

実際に現場で施工されている様子はどうでしょう?
現場@_60.jpg

現場A_50.jpg
使用されているのはパネリードX(PX8-170、200、230)!
小さくて見えにくいかもしれませんが、こんなにもたくさんのビスがLVL床に施工されています。
その数なんと2,500本!大工さんお疲れ様でした。。
ネジータ.jpg
そして完成後の様子がこちら。
多角形のデザインがとてもおしゃれで内観も開放的です。
完成@.JPG

完成A_2.JPG


2017/09/20 17:21  カテゴリー:木造非住宅、採用物件など  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。