すっかりに秋になりました曇りというかもう冬のような天気ですね雪
今年は暑い夏から一気に寒くなりましたので、秋を感じる機会が少なかった気がします。
なんかちょっと寂しいですね…ふらふら
季節の変わり目は体調を崩しやすいです。インフルエンザの季節でもありますので、
風邪には十分気をつけて下さいね手(グー)

さてさて、前回、前々回と続けてきました壁についてのお話は今回で最後となります。
3部作の最後は壁の強度についてですひらめき
「耐力壁」と呼ばれるものの強さは、主に「○倍」と表現されます。
細かくなるのでここでは深くは触れませんが、ある一定の基準を持つ耐力の壁を1倍として、
その強さに応じて、2倍とか3倍という言い方をします。当然、数字が大きい方が強い壁になるわけですグッド(上向き矢印)
必ずしも強くなければいけないというわけではありませんが、強い方がなんとなく安心できますよね家
あなたのお家はどんな壁でできていますか?

普段の生活で倍率で表現するものってどんなものがありますかね?
例えば、「○○倍の吸引力exclamation×2」の掃除機とか「○○倍の辛さexclamation×2」のカレーとか宣伝なんかによく使われますよね。
そういうものって結構何が基準で言っているのかわからないことってないですか?
それでもそう書かれていたり、聞いたりすると興味がわくから不思議ですよねexclamation

では、また次回お会いしましょう手(パー)

ネジ3号.jpg



2010/11/18 20:05  カテゴリー:製品、技術情報など  コメント(0)
私、ねじ3号が登場してから早いもので1年が経ちますぴかぴか(新しい)
思えば何の前触れもなく突然ヒーローとして現れて始まった私のネジブログですが、
あっという間に1年が過ぎた気がします。
私のブログは少しは皆さんのお役立てているでしょうか?
今後も皆さんに少しでも住宅を身近に感じて頂けるよう
色々な話を皆さんにお伝えしていこうと思いますので、宜しくお願い致しますexclamation×2

では、さっそくですが今回は前回の壁のお話の続きですね。
「家を支える壁」の正体…、それは「耐力壁」と言います。
まず、耐力って何?っていうことですが、「耐える力」という意味で壁の強さを表すものですひらめき

「耐力壁」とは文字通り耐力のある壁なんですが、正確に言うと耐力として認められた壁となります決定
どういうことか言うと、基本的にどんなものでも壁が作られればそこに耐力は存在します。
つまり前回の支える壁、そうでない壁はどちらも耐力はあることになりますひらめき

では、何が違うかという点ですね。ここで先程の認められている壁が出てくるんです。
耐力壁は、法律によって決められている仕様で組まれた壁で、
その仕様から少しでも外れると耐力壁とは認められません。
ちょっと難しいですかね?

イメージとしては、資格のようなものでしょうか。
例えば、自動車は運転免許証が無いと運転してはいけませんよね車(セダン)
ただ、免許証が無いと運転できないかというとそうではありませんふらふら
※よい子は絶対マネしないでねexclamation×2
要は認められているかいないというお話です。

人に認められるということは簡単なことではないですよね。私も早く皆さんに認められるようなヒーローになれるようにこれからも頑張っていきます手(グー)

ちょっと難しい話ですが、もうちょっと続きます。今日はここまでexclamation
では、また次回お会いしましょう手(パー)



ネジ3号.jpg
2010/09/28 18:55  カテゴリー:製品、技術情報など  コメント(0)
今年の夏は暑い晴れ何かがおかしいexclamation×2
これは地球が怒っているのでしょうかexclamation&question
皆さん、ストップ温暖化手(グー)ねじ3号です。

猛暑と言われる夏の暑さは冷たいものがよく売れますが、熱中症などの被害は増えます。
反対に冷夏と言われる夏は病気の被害は減りますが、農作物が育ちません。
その中間が望ましいのですが、なかなかそうはいかないのが現実ですよねバッド(下向き矢印)厳しいですふらふら
まもなく秋を迎えます。もう少しの辛抱ですよexclamation

さて、前回は床についてお話しましたが、今回は壁についてちょっと触れたいと思います。
皆さん、壁には大きく分けて2つの壁があることをご存じですか?
「家を支える壁」と「そうでない壁」です。
「え?壁全体で家を支えてるんじゃないの?」と思いませんか?
いえいえ、違うんですexclamation×2
実は家というのは設計の段階で家を支えるために必要な力を計算して、
その力に対して「家を支える壁」をバランスよく配置するように作られているんですよ家
つまり、建てられた家の中や外から見る壁は一見同じように見えるのですが、
その中身は2つの種類の壁によって構成されているというわけです手(チョキ)

そう考えると家ってすごいですよねひらめき
長い時間経ってもその壁によって支えられているわけですから人影

次回はその「家を支える壁」の正体について探っていきます。
また次回お会いしましょう手(パー)

ネジ3号.jpg
2010/08/31 09:13  カテゴリー:製品、技術情報など  コメント(0)
皆さんこんにちはわーい(嬉しい顔)
これからの時期ハンドタオルは欠かせないねじ3号ですあせあせ(飛び散る汗)
夏に向けて気温もぐっと上がってきましたねグッド(上向き矢印)
7月、8月は何かとイベントが増える時期ではないでしょうか?
七夕、夏祭り、花火大会…いいですねぇ。お祭り大好きです夜
さて、前回皆さんに問題を出していました。覚えていますか?
さっそく正解発表ですexclamation×2

まずはタルキック…ズバリ垂木(図ではたる木)ですね。まったくその通りひらめき
垂木は屋根を構成するための部材です。タルキックはその垂木を留めつけるビスなんです。
次はネダノット。実は図の中に答えはありません。すいませんたらーっ(汗)
図の中に「根太」という箇所がありますね。この工法は根太工法と言います。
対して、ネダノットは根太を使わないネダレス工法に使われるビスです。
根太がいらない…つまりヒントにもありましたネダ「ノット(not)」というわけなんですねひらめき

HPをくまなくご覧になっている方はオンラインカタログに今回の答えが載っていることを知っていたのではないでしょうか?
ビスの詳しい説明はオンラインカタログをぜひご覧になって下さい手(パー)

ここで根太工法とネダレス工法について少し触れたいと思います。
どういった工法かは先程の説明した通りですね。それぞれを横から見た図が
こちらになります↓

根太組とネダレス.JPG


基本的には梁材と面材の間に根太があるかどうかですね。
ネダレスの場合は根太が無い分厚い面材を使います。
では、それぞれにどういった特徴があるかという点です↓↓↓

≪根太組の特徴≫
・根太が間にあることで遮音性に有利
・面材が薄いことにより柔軟性があるので人の足腰に負担が軽減

≪ネダレスの特徴≫
・根太が無い分施工性に有利
・剛床性(床の強さ)の向上に有利

なんて言われています。
それぞれに反対のデメリットもあるのでどちらがいいかはお好み次第ですね。
最近では性能や施工性の面でネダレス工法が増えてきているようです家

では、また次回お会いしましょう手(パー)

ネジ3号.jpg
2010/07/15 12:36  カテゴリー:製品、技術情報など  コメント(0)
こんにちは、ねじ3号ですわーい(嬉しい顔)
春の暖かさはあっという間に過ぎてしまい、暑い日が増えてきました晴れ
まもなく梅雨がやってきます。ジメジメ、ムシムシしますねぇ〜雨
ねじ3号にとっては厳しい季節がやってきますあせあせ(飛び散る汗)

ところで皆さん、自分の名前の由来ってわかりますか?
最近では本当に色々な名前があって、文字だけでは読めないようなものもありますよね。
文字に込められた意味や形、響きなど選び方は様々だと思いますが必ず理由があると思いますひらめき

今回はそんな名前について触れたいと思います。
木材で家を建てるとき、同じ木材だと見分けがつかないですよね。
場所によっては太さは形で判断できるかもしれませんが、箇所が増えるとそうはいきませんふらふら
そこで建物の場所に名前を付けて管理をしているんですね手(グー)
例として、木造軸組の構造図をクリック↓↓↓

構成図 編集2.JPG

※住宅金融普及協会発行 『木造住宅工事仕様書 平成19年度改定』より抜粋


どうですか?覚えるだけで大変そうですよねたらーっ(汗)
載っている名前はすべて木材では無いですがこういったもので建物はできているんですよ家

東日本パワーファスニングのビスの名前は、使用する場所の名前が由来になっているものがありますひらめき
タルキックやネダノットがそうですが…さて、ここで問題です。
タルキック、ネダノットは上の図のどこに使用するものでしょうか?

ヒント:  タルキ ック
      ネダ ノット(not)

答えは…次回のブログで発表exclamation×2
ではまた次回お会いしましょう手(パー)

ネジ3号.jpg

2010/06/03 18:43  カテゴリー:製品、技術情報など  コメント(0)
皆さんこんにちは、ねじ3号ですわーい(嬉しい顔)
あっという間に4月になってしまいましたねひらめき
3月は何かと忙しいですよね……べ、別に更新できなかったいいわけじゃないですよあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
卒業シーズンも終わり、今月は新しい年度を迎える方は多いと思います。
4月から新天地で新たな生活を始められてる方は引越しの片付けは済みましたか?

今回はそんな引越しの話題をひとつダッシュ(走り出すさま)
引越しというと荷物をまとめて違う家に移り住む。そんなイメージですよね?
時代は変わってきているんですねexclamation今や家ごと引越すことができるんです家
家をプラモデルのようにユニットごとにばらして運び、移り住むところに土地さえあれば
そこに同じように組み立てるといった工法があるんです。
そんなに頻繁に何度も移動するものではないと思いますが、
長く住むことが決まっているなら馴れ親しんだ我が家ごと移動できるのは嬉しいことですよねグッド(上向き矢印)

時代は日々進化しています。
近い将来、某漫画に出てくるようなカプセルひとつで家を持ち運べるような時代が来るかもしれませんね。

では、また次回お会いしましょう手(パー)

ネジ3号.jpg


2010/04/06 18:14  カテゴリー:製品、技術情報など  コメント(0)
皆さんこんにちは、ねじ3号ですわーい(嬉しい顔)
日中は暖かい日も増えてきていよいよ春の訪れが近づいています晴れ
春は出会いと別れの季節…皆さんはどんな思い出がありますか?

今回は、話題のECOについて。
最近は環境に配慮した事柄や商品などどこもかしこもエコブームですよねひらめき
今は家電などを買うと付いてくるエコポイントがありますが、
2010年3月8日から住宅にもエコポイントがついてくるんですよexclamation
まぁ家電などと違って、お得だから家買っちゃおうとはなかなかならないでしょうけど、
人にも地球にも優しい家作りをすることは大切なことですよね手(グー)

前回お話した断熱もECOに繋がっているんです。
外気の出入りをなくして室内の温度を保つとお話しましたが、
温度を保つということは部屋を暖めたり冷やしたりする必要があまり無くなるということ。
エアコンなどの冷暖器具の使用がグッと減るので家計にも地球にも優しいわけですぴかぴか(新しい)

ただ、密封することが必ずしもいいわけではなく、中には弱点もあります。
熱の出入りが無いと、冬場は部屋が乾燥しやすく、お肌や喉にはあまり良くないですふらふら
観葉植物を置いたり、加湿器を使ったりして部屋の湿度を保つ対策が必要ですね霧
加湿器などが昔に比べて当たり前のようになってきているのは
こういう時代の背景が反映してきているのかもしれませんねひらめき

皆さんもエコを上手に活用して地球環境に貢献してみるのはいかがですか?

では、また次回お会いしましょう手(パー)

ネジ3号.jpg

2010/02/25 09:03  カテゴリー:製品、技術情報など  コメント(0)
皆さんこんにちはわーい(嬉しい顔)
朝の冷え込みが厳しくてなかなか布団から出られないねじ3号です。ヒーローなのに…あせあせ(飛び散る汗)
あのぬくぬくは譲れないですよね晴れ寒い地域に住まれている方でそう感じる方は多いのでは?
もともと暖かい地域に住まれる方はそういった感覚って無いんですかね?気になります…。

今回は、そんな温度に関するお話です。
ところで皆さんは最近お家を建てられましたかexclamation&question…なんて人はそうそういないと思います家
例えば、お友達の家とか親戚とか、はたまた展示場のモデルルームとか
新しく建てられた住宅に入ると不思議に感じることはありませんか?
冬であれば暖房も付いてないのに比較的暖かかったりとかひらめき

その秘密は『断熱』にあります。
断熱とは、読んで字のごとく熱を断つことです手(グー)
具体的には家を密封したりして外気(熱)の出入りをなくすことを言います。
外気の出入りをなくすということは、室内の熱を保つことになりますね。
そうすることによって外が暑くても寒くても室内にはあまり影響されず常に
同じような室温で生活できるんですグッド(上向き矢印)
イメージとしては、飲み物などを入れる魔法ビン。
冷たいものは冷たいままに、温かいものは温かく保ってくれますよね
喫茶店

最近ではそういった高気密高断熱住宅というのが増えてきていますひらめき
皆さんの快適な暮らしをサポートしてくれているんですねぴかぴか(新しい)

今回はこの辺で手(パー)次回ももうちょっと断熱について触れたいと思います。
また次回お会いしましょうexclamation


ネジ3号.jpg

2010/02/15 18:59  カテゴリー:製品、技術情報など  コメント(0)
皆様新年明けましておめでとうございますぴかぴか(新しい)
本年も東日本パワーファスニングとネジブログをよろしくお願い致しますわーい(嬉しい顔)

年末年始に大雪が降った地域もあり、いよいよ冬本番ですね雪
雪が積もると妙にテンションが上がるねじ3号です。
雪は見る分にはきれいですが、運転する方々にとっては天敵ですよね
事故も多くなる時期ですので、ドライバーの方は十分気を付けて
運転して下さいね信号


さて、前回は保険について触れましたが、今回はそれがどのような影響を及ぼすかというお話。
保険会社の検査する方々は、建物の構造など色々なところをチェックします目
申請された内容について、基準に合っているかどうかを確認していくわけですが、
ここが重要となりますパスワード

これまでは『基準が無いから問題なし』とされていたのが、
『あえてチェックすると、基準に定められていないから認められない』
と言われるケースが出てくるのですがく〜(落胆した顔)

日常でも同じようなことがありますね。最近では後ろ座席のシートベルトがいい例です。
それまでは特に決まりもなかったのでどちらでもよかったのが、
今では高速道路は減点になりますバッド(下向き矢印)それと同じですねひらめき

話は戻って、使用するのを認めてもらうには、基準に沿うよう仕様を変えるか、
基準に定められていなくても問題ないことを証明する必要があります。
簡単なように見えて、実はこれが一筋縄ではいかないことなんですふらふら


さぁ大変ですね。建てる方々は色々なところに気を配らなくてはいけなくなります。
それはビスにも言えることで、普通のビスは使えなくなる日が来るのかもしれませんね…。
東日本パワーファスニングはそういった法律の対策にも力を入れているんですよ手(グー)
たかがビス、されどビスなんですexclamation×2


では、今日はこの辺で。また次回お会いしましょう手(パー)

ネジ3号.jpg
2010/01/12 17:02  カテゴリー:製品、技術情報など  コメント(0)
皆さんこんにちは。ねじ3号ですわーい(嬉しい顔)
だんだん肌寒くなってきましたダッシュ(走り出すさま)もうすっかり冬ですね〜雪
日本には四季がありますが皆さんはどの季節がお好きですか?
ちなみに私は…どの季節も好きです(笑)
やっぱりその季節季節に良さってありますよねぇ〜食べ物とかファーストフード

今回は、前回の瑕疵担保の続きでしたよね。
どんなことが建築業界に影響してくるのか…それは、供託や保険にありますひらめき
まず、供託と保険についてご説明しましょう手(グー)
保険というのは人がかける生命保険と同じです病院
わずかな掛け金で万一のとき補償が受けられる、そういうものです。
では、供託はと言いますと、生命保険に対して定期預金みたいなものですかね銀行
定期預金のように金利はつきませんが、あらかじめお金を預けておいて
いざというときはそこから使うようなイメージです。

では、なぜそれが影響してくるかという話です。
先程の生命保険の話に繋がりますが、医療費を確保できるほど
余裕のあるというのはなかなか難しいはずですふらふら
なので、大体の方は保険に加入されると思います。もちろん建築業界でもそうです。
保険に加入するということになれば検査が必要になります。
検査というのは人で言えば健康診断。その健康診断で色々な厳しいチェックが入るわけですねサーチ(調べる)
さて、そうなるとこの話はどうなっていくのでしょうか…

それはまた次回お話します。では、今日はこの辺で手(パー)


ネジ3号.jpg
2009/11/16 17:26  カテゴリー:製品、技術情報など  コメント(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。